個人サイトにSSL導入

個人サイトにSSLの導入って必要あるの?どんなサイトだとSSLが必要? - SSLとは

SSLとは

あなたはSSLという言葉を聞いたことがありますか。
今IT業界では知らない人はいないほど大切な言葉となっています。しかし一般的にはまだ広がっていないものでしょう。
今回はそんなSSLについて紹介していきます。
SSLとは、送信や受信を行なう通信手順のことです。
具体的にはインターネット上で個人の重要データを暗号化して、それらの情報を第三者に見られないように防ぐためのものです。
これらのシステムのメリットは、データのやり取りを行なうものの間で通信を暗号化して、中継装置などのネットワーク上の他の機器によるなりすましやデータの盗難などを防ぐことができます。第三者に情報が漏れないようなシステムとなっています。
現在個人情報の漏えいが毎日のように起きている中で、自分の身は自分で守らないといけなくなってきています。データを盗聴するのなんて今は簡単な世の中になっています。なのでSSLのような情報漏えいを阻止するものが必要となっているのです。
hhrsrs
SSLは通信手順で、TCPの代わりとして使うことができるため、httpだけではなく、さまざまなハイクラスの通信手段と合わせて利用することができ、インターネット上での個人データのやりとりの暗号化方式として導入されています。
SSLの新しいものの名前はTransport Layer Securityの頭文字を取って、TSLに変更されましたが、現在一般的に使われているのは、TLSの方ですが、SSLという呼び方で広く知られているため、TLSを導入していたとしてもSSLと表記していたり、TLS/SSL、SSL/TLSなどと両方を一緒に明記したりするようになってきました。
あなたもまずはこのSSLの意味を理解しておきましょう。知っていて損はないでしょう。
そうすれば個人情報を安心して入力することができます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2015 個人サイトにSSL導入 All Rights Reserved.