個人サイトにSSL導入

個人サイトにSSLの導入って必要あるの?どんなサイトだとSSLが必要? - SSLの暗号化通信までの流れ

SSLの暗号化通信までの流れ

あなたは近年インターネット上での情報漏えいによる犯罪が後を絶たないのを知っていますか。
今回はその情報漏えいを防ぐためのSSL暗号化通信について紹介します。
SSL暗号化通信までの流れは以下です。
まず最初に、ウェブサーバとウェブブラウザの間では以下のような流れでSSL暗号化通信が開始され、SSL暗号化アルゴリズムの合意、SSL暗号化仕様交渉が行なわれます。
そしてウェブブラウザと、ウェブサーバー間の両方が使用できる、一番安全なSSL暗号化の仕様を決め、SSLサーバ証明書提示を行い、ウェブブラウザへSSLサーバ証明書を送信します。
ウェブブラウザは受信したSSLサーバ証明書を確認し、共通鍵の元データ交換・共通鍵の生成をはじめ、共通鍵の元となるデータを作成し、SSLサーバ証明書の公開鍵で暗号化してWebサーバへ送信を行ないます。
そして最後に同じ元データを使用し、共通鍵を生成し、実際のデータのSSL暗号化通信が開始されます。
主にやり取りはウェブブラウザとウェブサーバの2つの間で行なわれます。
そのため、その間のハッキングが行なわれないようにするためにこれらのサービスが生まれました。
今まで自分が被害遭ったことが無く、自分には関係ないと思っている人も多いと思いますが、このような重要データの漏えいは起きてしまってからでは対処が出来ません。
そのため、前もって準備をしておくことであなたの重要データを外へ漏らさないようにすることが大切です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
△PAGE TOP

Copyright(C)2015 個人サイトにSSL導入 All Rights Reserved.